大型家電の引越し準備

大型家電の引越し準備

管理者 No Comments

引越しをする際には冷蔵庫やエアコンなどの大型家電の引っ越し準備も必要です。特に大型の家電やソファ、ベッドなどは廊下の幅などに注意が必要です。関東地区では、特に家は密集している場所が多く、建物が狭くなっている場合もありますので、運搬の際には注意が必要です。

家電においては準備を怠ると、トラブルの元になりますで、準備をしっかりしましょう。冷蔵庫は氷の容器は空にして、電源を抜き、アースをはずします。冷蔵庫の中の霜などが残っていると、引越しの最中に水がこぼれることがあるので、しっかり確認しましょう。設置する際には隙間を作ることで、放熱しやすくなります。

洗濯器の場合は、排水口をチェックしましょう。排水口は洗濯機の真下になってしまう場合は、別に排水法のパイプを準備する必要があります。ドラム式洗濯機の場合は、ドアの開閉がスムーズにできる場所かどうかを確認することが大事です。エアコンに関しては、室外機の設置を確認します。室外機の設置する場所は、ごみや植木などがなく、風が通りやすい場所がおススメです。痛風にトラブルがあると、エアコンの効き具合が悪くなることもあるので、注意しましょう。

大型家電など大きなものを運ぶ際には設置場所をきちんと確認しておくと、スムーズな引越しができます。

引越しの予約は早めに

管理者 No Comments

引越しもシーズンになると費用も高くなりますが、予約が取れないこともあります。特に関東地区への引越しは、シーズンは特に混雑するので希望日に引越しができるとは限りません。引越しをする日を早めに決めて連絡をしておくことをおすすめします。できれば1ヵ月前には遅くても連絡を入れておいた方がいいでしょう。

現在でも引越しをする日は大安がいい、と考える人もいますが、そういったことにこだわらなければ、仏滅などは比較的すいていることもあります。ただし、近年ではあまり気にしない人も増えているので、やはり、連絡は早めに入れておきましょう。

引越し業者に依頼するのが遅れると、さまざまなトラブルにつながります。関東地区で都心に近いと、道路が狭かったり、建物が密集していたりすることも多く、引越し業者の車が停められない、入れない、といったこともあります。その場合は、駐車できる場所で車を停めて荷物を運ばなければなりません。その人数を確保しなければなりません。マンションなどの場合は、エレベーターはどこにあるか、なども確認が必要です。そういった準備も業者にはあるので、早期の連絡をおすすめします。トラブルを避け、スムーズに引越しをすることができます。

さまざまな手続きとは?

管理者 No Comments

引越しをする際には、さまざまな手続きが必要です。一つは電話やインターネットのプロバイダーへの連絡です。関東地区に引越しをしたらネットが使えない、ということのないように、2~3週間前には連絡をしておきましょう。1週間から10日前には役所に住所移転の連絡をしましょう。公共機関への連絡も3日前までにはしておくといいでしょう。電気やガス、水道などは引っ越してからの連絡では遅いので、あらかじめ連絡をしておくことが必要です。

忘れがちなのが銀行や免許証などの住所の書き換えです。後で住所が違っていて、困ることのないよう、住所が変更になったら、早めに変更手続きをしておきましょう。運転免許証は住所を変更しなくても使用できますが、更新連絡などは記載されている住所に届きます。また、運転免許証は本人確認などに使う場合も多いので住所の変更はきちんとしておいた方がいいでしょう。

また、住居が賃貸の場合は、1~2ヵ月前には引越しをすることを連絡しておかなければなりません。現在住んでいる家の片づけも少しずつしておくと楽です。使わないものから段ボールに詰め込むなど、できることから始めていくようにしましょう。慌てて行うとトラブルの原因となるので早めに行うといいでしょう。

引越しにはさまざまな手続きがいる

管理者 No Comments

関西地区から関東地区へ、など遠方から引越しをする際には、さまざまな手続きをしなければなりません。入居先の建物や引越し業者の車はどこに駐車できるのかなどといった点から、電気はいつつくのか、水道は使えるのか、など生活できる準備も必要です。たとえ1日でも電気や水道が使えないと不便なものです。引越しをする際には、そういった点に気を配ることが必要です。また、ご近所へのあいさつはどうするのか、など地域によって異なることもあります。マンションの場合や一軒家など居住スタイルによっても異なりますので、調べておくと、今後のご近所づきあいがスムーズになるでしょう。

移動距離が長いと、何かを忘れた、などといった融通がきかないこともあります。また、引越し業者の料金も異なります。移動距離が長いほど費用は高くなるものです。費用を考えた場合、引越し業者の選定も注意しなければなりません。知名度の高い、大手の引越し業者であれば安心感がありますが、費用も高くなるのではないかと思ってしまいます。埼玉から東京への引越しなど、引越しの移動距離が短い場合は地域密着型の引越し業者へ依頼したほうが安いこともあります。逆に遠方の引越しの場合は、全国展開をしている業者の方が融通が利いたり、費用は安くなったりする場合もあるので、見積もりをいろいろとってみるといいでしょう。

業者の選定を含め、引越しをする際には、さまざまな手続きが必要になりますので、きちんと把握しておくことが必要です。