引越しをする際には冷蔵庫やエアコンなどの大型家電の引っ越し準備も必要です。特に大型の家電やソファ、ベッドなどは廊下の幅などに注意が必要です。関東地区では、特に家は密集している場所が多く、建物が狭くなっている場合もありますので、運搬の際には注意が必要です。

家電においては準備を怠ると、トラブルの元になりますで、準備をしっかりしましょう。冷蔵庫は氷の容器は空にして、電源を抜き、アースをはずします。冷蔵庫の中の霜などが残っていると、引越しの最中に水がこぼれることがあるので、しっかり確認しましょう。設置する際には隙間を作ることで、放熱しやすくなります。

洗濯器の場合は、排水口をチェックしましょう。排水口は洗濯機の真下になってしまう場合は、別に排水法のパイプを準備する必要があります。ドラム式洗濯機の場合は、ドアの開閉がスムーズにできる場所かどうかを確認することが大事です。エアコンに関しては、室外機の設置を確認します。室外機の設置する場所は、ごみや植木などがなく、風が通りやすい場所がおススメです。痛風にトラブルがあると、エアコンの効き具合が悪くなることもあるので、注意しましょう。

大型家電など大きなものを運ぶ際には設置場所をきちんと確認しておくと、スムーズな引越しができます。

Comments are closed.